[ざくざくアクターズ] 攻略おっさん日記-その88-水着イベント「ウェイクアップ・リューオー」編:その2でち!

『ざくざくアクターズ』プレイ日記(ネタバレ全開)

▼解説っぽいなにか▼
…………………………

『ざくざくアクターズ』プレイレビュー
水着イベント「ウェイクアップ・リューオー」編:その2(ウラシマ邸観光)でち!


ハオ『ティーティー様、観光の続きにいくハオ!』



記事の続きはこちらから




▼これまでのあらすじでち!▼
………………………………

不測の事態で海底都市リューグーに辿り着いたティーティー様一行。
地上に帰ろうとしたが、潮の流れの影響で三日間は動けないと通達される。
その間レプトスと共に観光を楽しむことになった。










━━海底都市リューグー出口━━
レプトス『次の観光は「ウラシマ邸」へ向かいましょう!』








レプトス『はい、ここがウラシマ邸です。
水没した箇所を除けば、比較的綺麗に残っているので、
皆さんを満足させられるお宝も残っていると思いますよ。』









こドラ『へぇ……もしかして、
そいつがおとぎ話の浦島太郎ってこと??』









レプトス『うーん、そのおとぎ話は私も知っているのですが、
少し事情が違うかもしれません。
何しろこのお屋敷には夫婦が住んでいたので。』









レプトス『ちなみに、
ウラシマ太郎さんと華子さん婦というそうです。』

ティーティー『またベタな……』








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━ウラシマ邸3F探索中━━
隠し部屋のメモ発見!(゚∀゚)








男女の絵画の間に隠し扉が!(゚∀゚)








レア武器『☆ロボキラーS』ゲット!(゚∀゚)








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━ウラシマ邸2F探索中━━
宝物庫発見!(゚∀゚)
どうやら四桁の数字を合わせると開くみたい。









暗証番号のヒント発見!(゚∀゚)








暗証番号のヒントその2発見!(゚∀゚)








━━ウラシマ邸1F探索中━━
1Fには別の宝部屋も発見!(゚∀゚)
太郎の宝部屋らしいがカギが必要。









同じく華子の宝部屋もありました!(゚∀゚)
こちらもカギが必要っぽい。









━━ウラシマ邸2F宝物庫━━
さっきの宝物庫に戻ってダイヤルを合わせます!(゚∀゚)

▼解説なのじゃ!▼
………………………………

・暗証番号は結婚記念日
・結婚記念日はスロットなら大当たり=4桁のゾロ目の日付
以上がヒントなので『11月11日』が怪しい。










━━無事解錠成功━━
宝物庫で換金アイテム大量ゲット!(゚∀゚)








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━ウラシマ別邸(太郎)━━
海底通路からウラシマ別邸(太郎)へ!(゚∀゚)








太郎のメモ発見!(゚∀゚)
どうやら太郎の宝部屋のカギは『華子の嫌いな物』の中にあるらしい。









続けて華子のメモ発見!(゚∀゚)
今度は華子の宝部屋のカギは『太郎の嫌いな物』の中にあるらしい。









上の階段前を塞ぐボスっぽいの発見。








『タロウの巨人(白)&タロウの巨人(黒)』が出現!








レプトス『……こんな所に道を塞ぐように巨大な敵が二人……。
こ、これはひょっとして……!?』









レプトス『これはひょっとしてボスではないでしょうか!?』








Σティーティー『いや、知っとる!』








柚葉『レプトス殿……。
その発言は誤りとまではいかないが、
誤解を招く表現だな。訂正した方がいい。』









柚葉『こいつらは中ボスだと思う。
見ろ、私はこれと色違いの雑魚を
道中で見かけたことがあるぞ。』

レプトス『た、確かに……私が浅慮でした……訂正します。』








レプトス『皆さん!!中ボスがいますよ!?』








Σティーティー『知っとるって!』








━━数ターン後━━
ティーティー『中々に手強いな……』
こドラ『こんな時、ローズマリーがいれば的確なアドバイスしてくれるのに~!』








レプトス『あ、あの、私、分かったかも知れません……!
皆さん。発言しても宜しいでしょうか?』









レプトス『この中ボス……物理攻撃が得意みたいです!』








Σティーティー『知っとる!!』








グダグダの流れのまま撃破(笑)








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━太郎の部屋に到着━━
太郎の日記を発見!(゚∀゚)



































ティーティー『……日記はここで終わっておる。』








ブリギット『は、はぁ?
不安だけ煽られて何も解決していないぞ?』









ティーティー『分からん。
人魚の薬という謎フレーズが出て来てから、
ちっとも理解出来ない展開になった。』









レプトス『文脈から考えると、人魚の薬というのが、
地上に帰る手助けをしてくれるということでしょうか?』









ティーティー『ふむぅ……。
しかし、まぁ、こやつがどうなったかは、
もしかすると華子の別邸にいけば分かるかもしれないな。』









ティーティー『ほれ、ご丁寧に日記の裏表紙に鍵までついておる。』








こドラ『わお……!
これ、華子さんの別邸への鍵?』









ティーティー『華子の別邸には明日改めて行ってみるとしよう。』








『東館へと続く鍵』を手に入れた!








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━海底都市リューグーに帰還━━
今日の観光を終わります。








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━アリウープと夕食━━
アリウープ『なに?
ウラシマ邸に日記が??』









アリウープ『しかし。帰れないとはどういうことだろう?
帰らないの間違いではないのか?』









アリウープ『わしの記憶では
彼らは好んでこの地に残っていたような
覚えがあるのじゃがな~。』









ティーティー『……素晴らしいディナーの席で申し訳ないが、
何だか海底に閉じ込められたことを
恨んでおるような文章じゃった……。』









アリウープ『それは、まことか?
えらく楽しそうに過ごしていたと思うがな~。』

ティーティー『……。』









ティーティー『では、海流についてはどうじゃろう?
彼らは何ヶ月もの間、流れが地上に向くのを待っていたが、
一向に海流は反転しなかったみたいなのじゃ。』









アリウープ『海流なぁ……。
あれは、どんなに長くても
二週間もあれば変わるものじゃぞ。』









ティーティー『うーん、海流についてはそうか……。
しかし、そうなってくると日記に書かれてあったことと、
ずいぶんと食い違ってくるのじゃが──。』









アリウープ『ほう?
では、どちらかが嘘をついておるな。
どうする?わしを疑ってみるか?』










ティーティー『……それは、やめておくよ。
これだけ世話になっておいて疑うも何もない。』









アリウープ『はっはっはっ……!
これはちょっと意地悪じゃったな?』









アリウープ『そんなことは気にしなくてもよい。
わしの記憶だって定かではないのだから、
わしが間違っておる可能性もある。』

ティーティー『ふむ……。』








━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━
━━━━


━━夜、客室にて━━
こドラ『ほい、あがり!
いぇーい、柚葉ちゃんまたドベーっ!』

柚葉『な、何故だっ……!』








ブリギット『柚葉は顔に出すぎなんだよ。
トランプ遊びには向いてねえよ。』









柚葉『……ところで、ババと言えば、
ディナーの時の二人の会話どう思った?』









ブリギット『お前……その流れで二人を思い出すのは
失礼極まってるだろ。』









こドラ『なーんか、あの会話は、
不自然だったよね~。』









こドラ『なんかね、立場を利用して、
有無を言わせない形に丸く納めた感じ。
アンコウの肝のソテーは最高でした。』


さりげなく食事の感想を混ぜるこドラw








━━ここでティーティー様&ハオが帰宅━━
こドラ『おかえり~!何処いってたの?』
ティーティー『ちょっと薬屋に寄って、
人魚の薬について尋ねてきたのよ。』









ティーティー『シュプールが資料を調べておくから
明日、また改めて来てくれということらしい。』









ブリギット『そうか、ティーティー様は水面下で動いていたんだな。
ってことは──』









ティーティー『おいおい、変な風に勘ぐるな……!
別に疑っておらんよ。
知りたいことを知るだけのことで……。』









杞憂で済めばよいのじゃが……。










デーリッチ-出撃

次回は水着イベント「ウェイクアップ・リューオー」編:その3でち!










ざくざくアクターズ記事一覧

ざくざくアクターズ記事タグ一覧





関連記事

人気記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。