[ざくざくアクターズ] 攻略おっさん日記-その84-水着イベント「セクシー大使危機一髪」編:その4でち!

『ざくざくアクターズ』プレイ日記(ネタバレ全開)

▼解説っぽいなにか▼
…………………………

『ざくざくアクターズ』プレイレビュー
水着イベント「セクシー大使危機一髪」編:その4(三度、夢の船)でち!


メニャーニャ『これはさすがに冗談では済まされませんよ……!』



記事の続きはこちらから




▼これまでのあらすじですよ、先輩!▼
………………………………

今度はザンブラコに飛ばされた先輩と私。
かなダコ討伐隊と共に攫われたシノブ先輩を追跡していましたが、
ようやく追いつきそうになったと思ったら
大型魔物召喚の気配が!
これはさすがに冗談では済まされませんよ!あの女!










━━ タワーの女神を追う一行━━
メニャーニャ『えっあ、あれは!?』









ニワカマッスル『ふ、船じゃねえですか……。
しかも、なんつーでかさだよ……。』









ベル『こんなでかいの入るわけがありませんよ!
大体、浅瀬だらけで動くことさえ出来ないはずです。
こんなこと、今まで一度だってなかったのに……!』









メニャーニャ『だとすると、こいつをこの世界に呼び込んだのか……。
まったく驚嘆すべき力だ。』









メニャーニャ『この船が犯人の本丸といってもいいでしょう。』








ニワカマッスル『じゃあ、人質と誘拐犯は
ここに立てこもってるってわけでいいんだな?』









エステル『だけど不気味ね……。
わざわざ自分の居場所を知らせて
乗り込んで来いって言っているようなものだわ……。』









メニャーニャ『確かにおかしいんです……。
臆病ともとれるほどに正体を隠し続けてきたのに、
ここでこんなに派手に迎撃に出るだなんて……。』









船の横っ腹に穴を開けて突入することに。








船内に突入開始!








船底から上を目指します。








━━夢の船2F━━
Σエステル『あ、あれ!?
タコ大明神じゃん!?』









タコ大明神の腕の中から
シノブ登場。
シノブ『あれ、私?……ここは?』









メニャーニャ『怪我はありませんか……!?
何かあったのですか!?』









シノブ『け、怪我はないのだけど……。
あ、そうだタコさんが……!』









タコ大明神『ふぎゅううう……。><』








ニワカマッスル『完全にのびているな……。』








シノブ『ええ……甲板で犯人の女神と戦闘になって、
その時の衝撃で私だけ気絶しちゃったみたいで──』









エステル『それマジ……?シノブが気絶するって相当だぞ?』








メニャーニャ『しかし、頑張りましたね、タコ大明神。
今だけ、ありがとう、と言っておきましょう。』









ニワカマッスル『タコはこの通りのされてますし、探し人も見つかった。
上には大層危険な奴がいる……。
進む理由は確かにねえが……。』









メニャーニャ『……ごめんなさい。
それでも、私は進みたいと思っています。』









メニャーニャ『もう一つ、皆さんごめんなさい。
私達はフェアじゃなかったです。
混乱するだろうと思って、ずっと隠していました。』









メニャーニャ『私達──シノブさんと私と先輩の三人は、
この世界とは別の時間軸からやってきた者です。』

ΣΩΩΩ『!?』








メニャーニャ『そして、この世界に私達を送り込んだ張本人が上にいます。
私達は奴が何をする気なのか、
確かめる義務があると思っています。』









メニャーニャ『ひょっとしたら、今、この世界に対して、
とんでもない悪意を向けている最中なのかもしれない……。』









メニャーニャ『ですので、皆さんに強制はしません。
それでも、もし宜しければ犯人を捕まえることに
力を貸して欲しい。』









ニワカマッスル『俺は何があろうと、
最後までレディの味方ですよ(キリッ)』









全員で甲板へ突入!








━━夢の船甲板━━
Σエステル『いたっ!!』








エステル『観念しなさい!もう逃げ場はないわよ!?』








タワーの女神『逃げ場がない?ふふふっ……。
それは逃げる必要のある弱者がに気にすることです。』









メニャーニャ『やはり、タワーの女神、あなたでしたか……。』








タワーの女神『ああ、どうもどうも、メニャーニャさん。
巻き込んでしまって申し訳ないです。』









タワーの女神『あなたはボインじゃないので、
セクシーイベントの対象ではなかったのです。
宜しければ、今からでもこちら側につきますか?』

メニャーニャ『は?(威圧)』








メニャーニャ『……あなた、そもそも、
何でセクシーイベントの協力なんて始めたんです?
かなづち大明神に弱みでも握られているんですか?』









タワーの女神『ふふふっ、どんでもない。
健気に30個もいっぺんに欠片を集めたのですもの。
努力した者の願いを叶えるのが、私の役目。』









タワーの女神『あなた達はそもそも誤解をしているようですね。
私はタワーの女神と名乗ってはいますが、
実際には、それは大きな括りであって、それだけではない。』









タワーの女神『私は夢の女神、人の夢を叶える女神ですの。』








メニャーニャ『……だから、人の夢の操作も出来るって?
私達に海水浴の夢を見せたのも、
大明神をタコの姿にしたのも、全部あなたですね?』









タワーの女神『うふふっ、またまた誤解ですねー。
私が出来るのは夢と夢とを繋げることぐらいですよ。』









タワーの女神『あの海水浴は、あなた達三人の内の誰かが実際に見た夢。
その夢に残り二人を参加させただけに過ぎません。』









タワーの女神『この船を使ってです。
これは……そうですね、夢バイパスとでも呼びましょうか?』










タワーの女神『あなた達は夢から夢へと旅をする旅人みたいなものですね!
楽しかったですか?ふふふっ……!』









ニワカマッスル『とりあえずこいつをぶっ飛ばせばいいのか?』
タワーの女神『おやおや、私に手を上げる?
しかし、それでいいのですか?
私が倒れれば、この世界は終わりなのですよ?』









タワーの女神『たこ大明神が気絶しちゃった今、
この夢がかろうじて形を作っていられるのは、
私が代理支配して補っているからなのですから。』

ΣΩΩΩ『!?』








ハピコ『おい、ちょっと待て。
こいつを倒したらどうなる?
世界が終わるだって?』









ニワカマッスル『そんなわけねえよ。
こいつの戯れ言だ……!』









ハピコ『だけど、そんな話は聞いてないぞ?
だったら、うかつに手が出せないじゃないか。』









ヤエ『確かに、手を貸すとは言ったけれど、
それは敵をぶちのめすだけの話で、
世界を破壊する云々って言うのなら別だわね……。』









ニワカマッスル『お、おいおい……!』








ヤエ『信じろって言うのなら、
それに値する説明をして欲しいわ。
当人の口から。』









メニャーニャ『え、えーっと……。
あの、私も詳しくは分からないのです。
今、知ったばかりで……!』









メニャーニャ『だけど、そちらにしろ覚める夢なんです……!
だから、倒しても倒さなくても結果的に……!』









ハピコ『結果的に……どうなる?』








メニャーニャ『タワーの女神が真実を語っている確証は無いし、
覚めない夢も無い。
どっちにしろ、覚めるならケリをつけてからですよ。』









タワーの女神『あなた達は夢の世界の住人で、
この人たちはただのゲスト……!
ずいぶんと立場が違うけれど本当に仲間なのかなぁ!?』

夢の住人達『……』








タワーの女神『ゲストは助かるけれど、
あなた達は勝っても消えて無くなる!ああ、悲惨!悲惨!』









タワーの女神『そんな戦い、この人達三人に任せて、
あなた達は世界の終りまで
逢瀬でも楽しめばいいじゃない!』









タワーの女神『私を倒しても世界は終わるし、
倒さなくても世界は終わるのだから。』









タワーの女神『じゃあ…………
戦いましょうか?』









やられたっ……!
こんな方法で仲間を分断してくるとはッ……!











デーリッチ-出撃

次回は水着イベント「セクシー大使危機一髪」編:その5でち!










ざくざくアクターズ記事一覧

ざくざくアクターズ記事タグ一覧





関連記事

人気記事



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。